2014年12月25日

PCやNAS上の動画ファイルを直接再生する方法

PCやNAS(ネットワークを通じてアクセスできる外部記憶装置(ストレージ))上の動画ファイルを「ひま動ぷれいや(β)」で直接再生できないか問い合わせが以前ありましたので、その方法について書いておきます。

Androidアプリの「ESファイルエクスプローラー」を利用することで、PCやNAS上のファイルを「ひま動ぷれいや(β)」で直接再生することができます。

■事前準備
1. Androidアプリの「ESファイルエクスプローラー」をインストールする。
2.「ESファイルエクスプローラー」の「メニュー」→「ネットワーク」→「LAN」を選択する。
3.「新規」ボタンを押下するとサーバー画面が起動するので下記の項目を入力する。
 ・「サーバー」
  → IPアドレス or IPアドレス/共有フォルダ名
 ・「ユーザー名」
  → ログインユーザー名
 ・「パスワード」
  → ログインパスワード
 ・「匿名」
  → ユーザー認証が必要ない場合はチェックする
    ユーザー認証が必要な場合はチェックを外して、ユーザー名・パスワードを入力する
 ・「表示」
  → ESファイルエクスプローラー上で表示する名前(空白でも可)
4. OKボタンをタップするとLAN画面にサーバーアイコンが追加されます。

ES_FILE_EXPLORER.png

あとは、先ほど追加したサーバーアイコンをタップして、動画ファイル(拡張子がmp4)が保存されているフォルダまで移動します。動画ファイル(拡張子がmp4)をタップすると再生するアプリを選択できるので「ひま動ぷれいや(β)」を選択してください。これで、PCやNAS上にある動画ファイルを「ひま動ぷれいや(β)」で直接再生することができます。
コメントデータについては、PCやNAS上の同フォルダにコメントファイル(動画ファイルと同名で拡張子が「xml」)があれば、そちらを優先してコメントデータを取り込みます。なければ動画ファイル名を元にコメントサーバーで検索してヒットすればコメントデータを取り込みます。

※注意事項
・Wi-Fi環境でのみ利用可能です。また、Android端末と動画ファイルがある機器は同じネットワーク上にある必要があり、事前にPCやNASで共有の設定してアクセス可能な状態にしておいてください。
・動画ファイルの拡張子が「mp4」の場合のみ、「ひま動ぷれいや(β)」が選択できます。
・「ESファイルエクスプローラー」は「勝手に個人情報がBaiduに送信されている」という不正通信の疑惑がもたれています。情報元の記事(http://app-review.jp/news/215485)では「Baiduのアカウントを持っているユーザーがBaiduクラウドを利用した場合のみ、端末の個別IDなども一緒に送られている」という事が判明しているようです。Baiduクラウドを利用しない限りは、不正通信を行う可能性はかなり低いようですが、全てのパターンで検証できていないため、不正通信を絶対に行わないとは断言できていないようです。こちらでも、今回の利用方法での通信パケットを解析してみましたが、不正通信を行っている形跡はありませんでした。もし、不安をもたれている方は「ESファイルエクスプローラー」のご利用は控えてください。
posted by 368 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411245330
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック