2015年04月15日

Android 4.4以降の機種で外部ストレージ(SDカード等)を利用する場合

Android 4.4以降の機種では、アプリから外部ストレージ(SDカード等)への自由な書き込みが原則的にはできなくなりました(特定の機種に対して、ベンダーが制限を解除しているものもあるそうなので、全ての機種ではありません)。そのため、SDカード内の動画ファイルに対して、コメントをダウンロードしても、コメントファイルが作成できなかったり、レジューム機能やファイル移動・削除が利用できない状態になってしまいます。

※内部ストレージを利用する分には問題ありません。

そのような現象が発生した場合、回避するは方法が2つあります。

回避方法@
外部ストレージであっても、アプリ毎に書き込み制限が解除されるフォルダがあります。
外部ストレージ配下に該当フォルダを作成して、作成したフォルダ配下に動画ファイルを移動して作業してください。

・ひま動ぷれいや(β)
[SDカードのroot]/Android/data/com.himado.himadoplayer_beta/

・コメ付き動画ポップアップぷれいや
[SDカードのroot]/Android/data/com.himado.popupplayer/

・ニコ動ぷれいや
[SDカードのroot]/Android/data/com.himado.nicodoplayer/

・ニコ実ぷれいや
[SDカードのroot]/Android/data/com.himado.nicojplayer/

・コメントこんばーた
[SDカードのroot]/Android/data/com.himado.commentconvert/

※注意事項
・プリインストールされているファイルマネージャーアプリは書き込み制限が解除されているようなので、該当アプリでフォルダを作成してください(当アプリからはフォルダを作成することができません)。
・アプリをアンインストールすると、[アプリのパッケージ名]フォルダごと、強制的に削除されるようなので、アンインストールする場合は注意してください。

回避方法A
端末をRoot化している場合は、「/system/etc/permissions/platform.xml」を書き換える事で、制限を解除する事ができます。(赤字の行を追加)

<permission name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE" >
<group gid="media_rw" />
<group gid="sdcard_r" />
<group gid="sdcard_rw" />
</permission>

※注意事項
・端末のRoot化が分からない方はこの方法はお勧めできません。
・Androidのシステムファイルを変更するため、自己責任でお願いします。

[追記]
Android5.0以降は、SDカードへの書き込みの制限がさらに強化されたため、この記事の方法で書き込むことができなくなりました。また、Android7.0以降は、SDカードへの読み込みも制限されました。

Android6.0以降の場合、SDカードを内部ストレージとして使用する事で回避することができます。
新しいSDカードを端末に入れると、SDカードのセットアップを促す通知が表示されます。ここから「セットアップ」を選び、「内部ストレージとして使用」を選択すると、SDカードへのアクセスが可能になります。
既に使用中のSDカードでも、設定の「ストレージとUSB」から「外部ストレージ」のSDカードをタップ→ファイラー画面から右上のメニューの「設定」→SDカードの設定から「内部ストレージとしてフォーマット」を選べば、同じように内部ストレージとして使うことができるようになりますが、SDカードが一旦フォーマット(初期化)されます。これによりSDカード内部の画像やその他のデータ・ファイルは全て消えてしまうので、必要なものはバックアップしておいてから実施してください。
posted by 368 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック